最新情報

今日の動画♪

人気記事一覧

【お笑い】山里亮太「テレビ局の思うつぼ」荒れる成人式に私見

1 名前:江戸領内小仏蘭西藩 ★:2019/01/17(木) 15:16:24.53 ID:K5nrGwTP9.net

2019年1月17日 14時13分 日刊スポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/15885606/
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/2/a2de5_1401_cb7ac19d_d0f79382.jpg

南海キャンディーズの山里亮太(41)が、新成人が成人式で暴れる恒例の騒ぎについて「テレビ局の思うつぼ」と私見を述べた。

山里は16日放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」で、毎年メディアが取り上げる“荒れる成人式”に言及。「あれさ、暴れたら(テレビに)映ると思ってみんな暴れてるんでしょ?」と推測し、「カメラもさ、もう暴れ狙いに行ってんじゃん。で、暴れたら『よし』って感じで」と指摘した。

暴れる新成人たちについて「めちゃくちゃ滑稽じゃん。毎回、思うつぼなんだよ。テレビ局が欲しいのをさ、ちゃんとやってるわけじゃない。すげぇルール壊してるみたいな空気だしてるけど、めちゃくちゃテレビの人たちの欲しいもののルールに則ってやってんでしょ。そういうのを逸脱する人たちなのにね」と皮肉った。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547705784

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【テレビ】<ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!年越しSP!>川口春奈だけが面白かった!視聴率低下で“保守的すぎる”の声

1 名前:Egg ★:2019/01/17(木) 12:49:13.64 ID:2MI8h/AG9.net

第2部は歴代ワースト3位

日本テレビの幹部は、真っ青になっただろう。2018年の大晦日、看板番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 年越しSP! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(午後6時半~午前0時半)の視聴率が低迷していたことが分かった。

 ***

 まずは、その数字だが、午後6時半からの第1部が14.3%、午後9時からの第2部が12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)という結果だった。

 NHK「紅白歌合戦」の裏番組における視聴率ランキングという観点からは、9年連続の1位を死守した。

 とはいえ、前回17年の視聴率は第1部が17.3%、第2部は16.3%。比較すると第1部は3ポイント、第2部は3.5ポイントも下落してしまった。

 ちなみに、「絶対に笑ってはいけない」が大晦日に放送されるようになってからの歴代視聴率で、第2部の12.8%はワースト3位、第1部の14.3%はワースト4位に位置する。まさに記録的な低視聴率だったのだ。

「紅白」とマンネリ競争? 

 近年、「紅白」の視聴率が最も悪かったのは15年。星野源(37)、ゲスの極み乙女。、Superfly、レベッカなどが初出場を果たした第66回で、第1部が34.8%、第2部が39.2%と共に40%を割り込んだ。

 だが、ここを“底値”として、「紅白」の視聴率は右肩上がりに回復している。先の折れ線グラフにある通りだ。

「絶対に笑ってはいけない」が紅白の“ライバル”であることは論を俟たない。初めて大晦日に放送されたのは06年。それ以来、年々視聴率を上昇させてきた。

 興味深いことに、グラフからは「笑ってはいけない」が「紅白」の視聴者を奪ったわけではないことが分かる。確かに「紅白」の視聴率は減少しているが、「笑ってはいけない」の上昇率は、それを上回っている。

 2000年代後半は、いわゆる「若者のテレビ離れ」が取り沙汰された時期だ。「紅白」と「絶対に笑ってはいけない」は、共に視聴者をつなぎ止める役割を果たしていた。実際、「両方を行ったり来たりして見ている」という方は、今でも少なくないだろう。

「笑ってはいけない」が頂点を迎えるのは13年。「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」は第1部が19.8%、第2部が17.2%という視聴率を記録した。サプライズゲストとして、当時は広島東洋カープに所属していた前田健太(30)が出場した、と説明すれば、思い出された方もいるに違いない。

 だが、この年をピークとして、「絶対に笑ってはいけない」の視聴率は右肩下がりで減少していく。一体、何が原因なのだろうか。前出の日テレ関係者が言う。

「ここ数年は数字が悪く、更に今回はワースト記録の視聴率に終わってしまいました。理由として、まず松本人志さんが55歳となり、奥さまやお子さんと幸せな家庭を築いていることが挙げられると思います。画面のどこかに、“いい人”や“よき家庭人”の雰囲気が滲み出ています。若い頃の笑いに貪欲だった姿とは、比較になりません」

1/17(木) 7:31配信 新潮 全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00555189-shincho-ent

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547696953

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【芸能】<SKE須田亜香里>NGT暴行騒動「一から十まで運営批判になっているのは心苦しい。関係ない子まで疑われて…」

1 名前:Egg ★:2019/01/17(木) 13:24:37.30 ID:2MI8h/AG9.net

SKE48の須田亜香里(27)が17日、メ~テレの「ドデスカ!」に生出演し、NGT48・山口真帆(23)の暴行被害騒動について語った。

 今回の事件で山口の帰宅時間をファンに漏らしたメンバーがいたことについて須田は「48グループがいろいろな方に愛されているのは親近感(があるから)だと思う。普通のアイドルならさらけ出さない部分を出しているのも持ち味。でもプライベートをさらけ出すというのはまた別。アイドルとしてファンの人に教えていいことと悪いことがある。(アイドルとしての)品格を保てるかどうかは自己判断になる。それは運営がどうこうじゃなく、自分で判断できるようにならなくてはならないので、教えちゃった子がいるというのはちょっと注意不足だったのではないかと思います」ときっぱり。「(ファンとの)距離感は大事だけどお友達ではないので。アイドルとファンという関係だからなりたっている幸せはたくさんある。そこは大事にしたいですね」とファンとの節度ある関係の重要性を訴えた。

 また被害者であるはずの山口が最初に謝罪したことについては「誰がどう見ても被害者が言うのはおかしいというのは私も同感」と運営サイドの対応のまずさを指摘。そのうえで「一から十まで運営批判になっているのは心苦しい。今は関係ない子まで疑われてすごく傷ついている子が多い状態。とにかく発表されるまで待っていてほしいです」とネットなどで犯人探しが行われている状況を憂慮した。

 14日にNGTの新支配人に就任した早川麻依子氏はそれまでSKEのマネジャーだった人物。それだけに「私たちに普段のマナーとかを教えてくださった本当に頼りにしている方。絶対に大変だと分かっている中、覚悟されていったのも知っているので頑張ってほしい。このグループがいい方向に向かっていく一歩へ、背中を押せたら」と混乱の収拾を期待した。

 佐藤裕二キャスターからの「(NGTには)メンバー同士の確執があるのでは」という問いかけに対しては「(NGTは)新しいグループなので発展途上。メンバー同士いっぱいぶつかり合いながら成長していく過程だと思うので、うまくいってないところもあったかもしれないけど、それも乗り越えてほしいなと思います」と後輩グループへエールを送った須田。

「アイドルとファンって本当はすばらしい関係だと思う。だから本来あるべき姿に戻ってほしいなと思う。そういうふうにやっていけるようにまずは身近なメンバーとやっていきたい」と信頼回復に向けて自身も努力していくことを誓った。

1/17(木) 11:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000012-tospoweb-ent

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547699077

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【時代劇】韓国では先祖が悪い役回りに描かれると、子孫たちがカンカンに怒ってテレビ局に怒鳴りこんでくる!

1 名前:ニライカナイφ ★:2019/01/17(木) 12:15:02.97 ID:g0ll+LDE9.net

◆ 韓国では先祖が悪く描かれると子孫たちがテレビ局に怒鳴りこんでくる!

韓国で時代劇に自分の先祖が出たとする。
とてもいい役だった場合は子孫もうれしいだろうが、逆にひどい悪役だったときには、子孫がカンカンに怒ってテレビ局に抗議してくる。
それは、韓国ではよくある話だ。

たとえば、パク・シフとムン・チェウォンが主演したドラマ『王女の男』。
韓国で大ヒットしたが、登場人物の1人の申叔舟(シン・スクチュ)が裏切り者として描かれていた。

そのことに子孫たちが激怒し、放送したKBSに猛烈な抗議をした。
抗議を受けたプロデューサーはこう語っている。

「もともと、時代劇の登場人物には慎重を期さなければなりません。
特に、実在した歴史的な人物なら、子孫が大勢いるので、名誉棄損になるかもしれません。
現に、『王女の男』を制作したときに、子孫たちから強い抗議がありました。
私たちと真偽をめぐって大変な攻防となったのです」

韓国には感情的な人が多いから、プロデューサーも大きな声で怒鳴られて、さぞ困惑したことだろう。
KBSのプロデューサーがさらに続けてこう言う。

「歴史の史料にこう書いてある、と私たちは証拠を出しました。
つまり、古い歴史解説書の真偽まで判別しなければならなかったのです。
子孫たちは“その歴史書で我が先祖の申叔舟を間違って描いたのが影響している。
なぜそんなものを参考にしているのか”とさらに執拗に抗議してきました。
私たちも正式な歴史書である『朝鮮王朝実録』まで提示しながら、主張を曲げませんでした。
本当に子孫を説得するのが大変でした」

制作予算のことで頭が痛いはずのプロデューサー。
子孫対策までしなければいけないのだから、韓国の制作陣は苦労が多い。

■ 韓国の“子孫”たちが怒る背景

これもすべて、視聴者が誰か有名な歴史人物の子孫たちだからだ。
制作側は、より面白くするために極端な悪役や面白い道化役の人を作ったりするが、先祖がそういう役回りをさせられると子孫たちが絶対に黙っていない。

日本では、悪役になった人の子孫がテレビ局に怒鳴りこんだという話はほとんど聞いたことがない。
しかし、韓国ではよくある話だ。『族譜(チョッポ)』という膨大な家系書が各家庭にあって、自分たちの先祖のことを詳しく知っているからである。

よほどの名門でないかぎり、日本では何百年も前の先祖のことはわからない。
一方の韓国では誰もが、自分の先祖にどんな人がいたのかがわかっている。
そんな先祖を時代劇に登場させるときは、韓国のテレビ局もよほど慎重に人物設定をしなければならない。

(文=康熙奉)

(写真)『王女の男』に出演したパク・シフ(右)とムン・チェウォン
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/f/9f421_1563_e036d56b_d6e45810.jpg

S-KOREA 2019年1月17日 6時50分
http://news.livedoor.com/article/detail/15883661/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547694902

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【芸能】 凶悪アイドルハンター集団 NGT山口真帆以外にも被害者!

1 名前:影のたけし軍団ρ ★:2019/01/17(木) 11:14:32.36 ID:UnpX9z+79.net

本紙は“アイドルハンター集団”の存在と、その凶悪性をキャッチした。
過去にさかのぼると、この不届き極まりない集団によって卒業に追い込まれたメンバーもいたというから驚きだ。

今回の暴走ファンだけでなく、アイドルたちを毒牙にかけようと狙うグループ“アイドルハンター集団”が存在するのだ。
しかもその暴挙は、過去にも多数あったというから穏やかではない。

「今回、被害に遭った山口以外にも、ハンター集団からの嫌がらせや暴行に近い卑劣な行為に耐えられず、卒業したメンバーもいるとか。
それは山口が投稿したツイッター(現在は削除)にも示唆されている」と明かすのは芸能関係者だ。

本紙はこれまで暴走するファンの悪質な手口を報じてきたが、集団でそれぞれのグループのファン同士が連携をとってアイドルに迫っているのだから恐ろしい。
しかもアイドルのみならず女性ファンにも手を出そうとしたり、真面目な男性ファンを恫喝するなどの蛮行を繰り返すことも多いというのだ。

「一部のメディアから金銭をもらってアイドルの動向を探る集団のメンバーもいて、ストーカー的な活動を『これは仕事だ!』と正当化するんです。
わざわざ引っ越して、狙ったアイドルがいる地域に住みつくやからまでいる」(前同)という。

かといって、暴走するファンを簡単に出禁にできない“裏事情”も…。

ある中堅アイドル事務所のマネジャーは「ファンの中には、資産家の息子や、ガラが悪いけど妙に羽振りのいい“太客”も少なくない。
多額のお金を落としてくれるファンをむげにはできず、事務所サイドがうまく折り合おうとしている側面も否定できない」と話す。

今回の騒動は、盛り上がるアイドルカルチャーの陰の部分を浮き彫りにしているといえそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000005-tospoweb-ent

NGT暴行「アイドルハンター軍団」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010398-bunshun-ent
A、B、Cの3人は、メンバーと個人的関係を持つ目的で「接触活動」を行う、「Z軍団」と呼ばれる“アイドルハンター”グループに属していた。
リーダー格のZは、昨年6月、NGT48の人気メンバー・中井りか(21)との交際が報じられた有名ファンだった。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547691272

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能