【ドラマ】「好きな宮藤官九郎ドラマ TOP10」…10~60代3,664名に調査!

1 名前:湛然 ★>:2017/10/31(火) 20:26:20.49 ID:CAP_USER9.net

2017-10-31

■「好きな宮藤官九郎ドラマランキング」TOP10

1位 あまちゃん(2013年)
2位 流星の絆(2008年)
3位 木更津キャッツアイ(2002年)
4位 池袋ウエストゲートパーク(2000年)
5位 タイガー&ドラゴン(2005年)
6位 ゆとりですがなにか(2016年)
7位 ごめんね青春!(2014年)
8位 吾輩は主婦である(2006年)
9位 11人もいる!(2011年)
10位 ロケット・ボーイ(2001年)

調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。
有効回答者数:3,664名
調査日:2017年10月8日

■第1位:あまちゃん

「非常に愉快で楽しいドラマでした」「家族全員が面白いと言って欠かさず見てました」「現代的で、どこか間が抜けている感じが癒されて好きです」

1位は今やクドカン脚本の代表作となった
2013年・NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でした!

今までクドカンドラマを見ていなかった50~60代の層の人たちも、こぞってテレビの前に集まった超・超・人気作!!
「あまちゃん」では能年玲奈さん(現:のん)が一躍人気女優になったほか、今大人気の俳優・若かりし福士蒼汰さんも出演。このようにクドカン作品で育ってきた役者も数多くいますね。

■第2位:流星の絆

「あのシリアスな原作をよくぞあそこまで笑いに持ち込んだ」「内容的にはシリアスなのに所々に笑えるところがあったりして…新しいドラマだと思った。それでも最後はやっぱり涙してしまう」「今まで観たドラマの中で、とても印象に残っている」

2位は2008年のドラマ「流星の絆」。
主演は二宮和也さん(嵐)、錦戸亮さん(関ジャニ∞)、戸田恵梨香さん。

原作は東野圭吾さんの推理小説なのですが、
こちらも「池袋ウエストゲートパーク」同様に、原作とは性格や設定がアレンジされ、笑いの要素をとりいれるなどクドカン流!!

それにしても東野圭吾の推理小説に笑いを取り入れるなんて…改めてクドカンにしかできないことじゃないかと思います。

■第3位:木更津キャッツアイ

「今でも観るくらい好き」「木更津は、キャスティングも良かったと思う!」「衝撃的だった。映画も最高!」

キャッツ!ニャー!
宮藤官九郎脚本。
3位は草野球ドラマ・2002年の「木更津キャッツアイ」!

ぶっさん(岡田准一)、バンビ(櫻井翔)、マスター(佐藤隆太)、アニ(塚本高史)、うっちー(岡田義徳)など、あだ名を見るだけでも懐かしい…!
さらに古田新太さん演じるオジーや、阿部サダヲさん演じる猫田など。サブキャラまで強烈!!!

野球の表と裏にかけて、ストーリーも表(本編)と裏(巻き戻して別時系列でネタバラシを見せる)の構成にするなど、実験的な面白さもあるドラマでした。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

http://rankingoo.net/articles/entertainment/20171030-2/3

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509449180

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【テレビ】<NHK『紅白歌合戦』>NHK関係者が危惧する「番組中止」の緊迫事態!『番組自体が吹き飛んでしまうリスク』が浮上

1 名前:Egg ★>:2017/10/31(火) 19:07:25.63 ID:CAP_USER9.net

11月に出演者と司会者の発表を控え、日増しに注目が集まるNHK「紅白歌合戦」。

68回目の放送となる年末恒例の同番組については、来年9月での引退を発表した安室奈美恵や、

連続テレビ小説「ひよっこ」のテーマ曲を担当した桑田佳祐の出演が期待されているが、現在、内部では「例年にはない話題」で持ちきりだという。

「出演交渉も大変ですが、それ以上に深刻な『番組自体が吹き飛んでしまうリスク』が浮上しているんです」

と、頭を抱えるのはNHK関係者だ。

そのリスクについて「紅白の放送中に『Jアラート』が鳴る可能性」だと明かすのだ。

「今年は野球の日本シリーズでも、北朝鮮からのミサイルが飛来して『Jアラート』が鳴った場合、試合を一旦中断することが日本野球機構によって発表されました。

紅白にとって北朝鮮のミサイルはプロ野球以上に深刻な問題なんです」

その理由についてはこう続ける。

「タイムテーブルが固まっているので、番組が中断した場合でも延長できず、視聴者の安全確保の側面から、即中止とせざるを得ない。

紅白の途中、仮に『Jアラート』が鳴ることがあれば、その後の『ゆく年くる年』も吹き飛ぶでしょう」

北朝鮮が暴走しないことを祈るばかりである。

(白川健一)

アサ芸プラス / 2017年10月31日 9時58分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_91885/

【音楽】<NHK『紅白歌合戦』>白組の候補者に意外な初出場歌手たちがズラり!今年は“大人の紅白”がキーワードになりそう
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509181532/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509444445

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【芸能】演技派でガチガチに脇を固めたキムタク主演ドラマ

1 名前:砂漠のマスカレード ★>:2017/10/31(火) 16:21:04.83 ID:CAP_USER9.net

元SMAPの木村拓哉がボディーガード役に初挑戦する、来年1月スタートのテレビ朝日系のドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」のキャスト陣を、各スポーツ紙が報じている。

各紙によると、新たに発表されたのは、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、上川隆也、江口洋介、石田ゆり子。

木村が演じる主人公は民間警備会社のボディーガードだが、斎藤は主人公と同じ身辺警護課のボディーガードで、優秀ゆえに他のメンバーを見下しているフシもある元自衛官役。

菜々緒はメンバー唯一の女性ボディーガード役に、間宮はメンバー最年少のボディーガード役。上川は個性的なホディーガードたちをまとめる身辺警護課の課長役をそれぞれ演じる。

江口は木村の強力なライバルとなる、対立する警視庁SP役。木村と14年ぶりの共演になる石田は、警護対象者となる厚生労働大臣役を演じるというのだ。

「元SMAP解散時のイメージダウンからなかなか回復できていない木村だが、次回作のドラマは『絶対に負けられない戦い』と言っても過言ではない。
そこで、若手からベテランまで演技派をキャスティングし、コケる要素が見当たらないドラマ。あとはキムタクの演技次第か」(テレビ局関係者)

キャスティングはしたものの、制作サイドにとって要注意なのが、意外にも今作で初共演となる木村と江口の関係だというのだ。

「江口といえば、役づくりにかける情熱がすさまじいことで知られている。
ほかのキャストへのダメ出しも平気でするそうで、役柄同様、現場で木村とバチバチの関係になってしまわないかが心配される。
ただし、意気投合すれば撮影がかなり円滑に進みそうだ」(芸能記者)

ドラマの内容よりも、キャスト同士の“もめ事”が注目されなければいいのだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/13825562/
2017年10月31日 12時24分 リアルライブ

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509434464

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【ロック】セカオワFukase、集団リンチ受けた壮絶過去告白「骨がぐちゃぐちゃになった」

1 名前:ストラト ★>:2017/10/31(火) 15:10:10.23 ID:CAP_USER9.net

ロックバンドSEKAI NO OWARIのボーカルFukase(32)が、学生時代に集団リンチに遭いひどい暴力を受けた過去を明かした。

Fukaseは31日、ツイッターでファンからの質問に答えた。
いじめ被害に遭った経験があるというファンからの質問に対し、「俺はいじめにあったことが無いから分からないけど」と返したFukaseだが、続けて「集団リンチにあって骨がぐちゃぐちゃになったことはあって、その後学校に行っても誰もクチを聞いてくれなかった事がある」と壮絶な過去の体験を明かした。

その体験によってFukaseは「俺はなんで主犯格の人がそんな事をするまでに至ったかの経緯を考えたよ。そこから見つけたモノがあったよ」とつづった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00041434-nksports-ent

「SEKAI NO OWARI」Fukase
http://pbs.twimg.com/media/DMt23r0V4AAxP9V.jpg

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509430210

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【芸能】ギャル曽根 大食いタレント“派閥争い”にうんざり「面倒くさくなった」

1 名前:あちゃこ ★>:2017/10/31(火) 12:53:48.72 ID:CAP_USER9.net

タレントのギャル曽根(31)が30日、日本テレビ系「深イイ話×しゃべくり007 合体SP」
(月曜後9・00)にゲスト出演。「大食いの人と全然仲良くない」と自身の交友関係について明かした。

 プライベートについて問われたギャル曽根は「大食いの人と全然仲良くないんですよ」と話し始め、
「(テレビに)出始めた当時、ギャル曽根か三宅智子かっていう二大巨頭みたいになって…。(他の大食いタレントたちが)
『どっちにつく?』ってなったんです」と“派閥”が存在していたことを暴露。今では「面倒くさくなって
付き合うのをやめた」という。

 現在のライバルを問われると、日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)の名前を挙げ、「水卜ちゃんが
出てきたときは『うわっ』て思いました。頭良い、かわいい、量は食べる、コメント力もすごい」と絶賛。
MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也(47)から「キャラかぶってないから」とツッコまれていた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000092-spnannex-ent

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509422028

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【テレビ】櫻井翔ドラマも絶不調…日テレ「視聴率王者」陥落の危機

1 名前:shake it off ★>:2017/10/31(火) 10:44:37.32 ID:CAP_USER9.net

もっか局内はシッチャカメッチャカですよ」と声を潜めるのは、ある日本テレビ関係者だ。高視聴率が期待されていた同局系の2本のドラマ、嵐・櫻井翔(35)主演の「先に生まれただけの僕」(土曜22時)と、ディーン・フジオカ(37)主演の「今からあなたを脅迫します」(日曜22時半)がともに大コケ。関係各所から突き上げを食らっているというのである。

 “先僕”は、初回視聴率こそ10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)だったが、第2話では7.5%に急降下。「今から――」も中高年女性に人気のおディーン様を起用したが、初回視聴率8.0%に甘んじた。
プライム帯(19~23時)のドラマ3本のうち、直近の第4話まで11~12%台をキープしているのは、綾瀬はるか(32)主演の「奥様は、取り扱い注意」(水曜22時)のみ。

「局内では『なぜ綾瀬だけ? 他の2本もキャスティングは良いはずなのに』と疑問視する声が上がっています」(前出の日テレ関係者)

両ドラマの低視聴率がクローズアップされるのは、他局のドラマがこぞって好成績を残しているから。大本命のテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」は初回20.9%と今クールで唯一の20%台を叩き出し、以降も19%台を死守。同じく看板の「相棒」は15.9%→16.6%と右肩上がり、「科捜研の女」も11~12%台と手堅い。
TBS系も負けてはおらず、日曜劇場「陸王」は初回14.7%、「コウノドリ」も11~12%台を推移。だからこそ、「国民的アイドルと朝ドラ俳優を起用しても数字が取れない日テレは面目丸つぶれ状態」(前出の関係者)というわけだ。

■今年度も「視聴率3冠王」確実視だが

 そんな日テレに対し、主演俳優の所属事務所やスポンサーからのプレッシャーはすさまじく、早急な対応を迫られているというのだが――。

編成が番宣を担当する宣伝部に対しテコ入れ策を指示したのですが、これがめっぽう弱い。『24時間テレビ』のチャリティーマラソンの走者の時もそうでしたが、日頃から付き合いのあるスポーツ紙やテレビ誌の担当記者にさえ情報開示しないご都合主義の対応をしたため、大ヒンシュクを買った。
今回も後手後手の宣伝部から有効なプランは出てこない。ドラマのチーフプロデューサー自ら宣伝のアイデアを出しているような状況なんです。

 しかもこんな有事にもかかわらず、“先僕”の宣伝担当は休暇を理由に一切連絡が取れない状況をつくったとか。誠意に欠ける対応にジャニーズ事務所だけでなく、制作スタッフもお怒りモードです。片や『今から――』も宣伝担当から上がってくるのは、振り返り動画や新聞広告などありきたりのアイデアばかり。ドラマ制作経験者も多数いるんですけどね」(別の日テレ関係者)

 今年度も視聴率3冠王が確実視されている日テレ。だが、ドラマの不振や現場の士気が下がるような状況が続くなら、その座から転げ落ちるのはあっという間だ。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/216622/3

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509414277

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

ヤマハ発、SUV試作発表 四輪車参入「時期は検討中」

1:ハンバーグタイカレー ★:2017/10/28(土) 23:30:33.34 ID:CAP_USER9.net
http://www.asahi.com/articles/ASKBV4V6QKBVUTPB00V.html
 第45回東京モーターショーが始まり、静岡県内に本社があるスズキ、ヤマハ発動機も出展した。電気自動車(EV)や自動運転技術の開発などで車を取り巻く環境が激変しているが、自社らしさを追求しながら新しい技術や時代に対応しようとしている。

 「先進技術への取り組みと今ある技術の向上の2点を磨き上げる」。スズキの鈴木俊宏社長はプレゼンテーションで強調した。スズキのテーマは「ワクワクを、誰でも、どこへでも」。2020年に創立100周年を迎えるが、次の100年に向けた製品を披露した。

 最も注目を集めたのが、EVのコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)。四つの電動モーターや自動運転機能を搭載し、スズキらしい走りとデザインで関心を集めていた。近く売り出す「クロスビー」、広い室内のワゴン「スペーシア」、レトロなバイクも目を引いた。

 トヨタ自動車とEVなどで提携協議を進めているが、同社は「他社との差別化がスズキらしさで、小さい車やインドに強いのもその一例。独自性を磨きながら、トヨタとの提携や新時代への対応を進めたい」としている。

 ヤマ発の注目は四輪車への参入。モーターショーでは13年に街乗り型、15年にスポーツ型を出展し、今年はSUV。遊び心満載の四輪車を披露し、大勢の報道陣が集まっていた。同社は参入について「19年をメドに検討」としているが、柳弘之社長は記者団に「まず欧州市場を考えているが、時期はまだ検討中」と述べるにとどまった。

 四輪車参入は飛躍のチャンスだが、生産や販売のリスクもある。スズキとホンダが二輪から四輪に参入した際は創業家や創業者の決断があったが、ヤマ発は今や同族企業ではない。主要株主にはトヨタが名を連ねており、スズキ同様、トヨタとの関係も将来のカギを握りそうだ。

 ヤマ発はバイクでは、前輪が二つあったり、人工知能を活用して持ち主を認識したり、ロボットが高速運転したりする次世代の製品を多数出展した。

 同ショーの会場は東京ビッグサイト(東京都江東区)で、25、26日に報道内覧会があり、28日から11月5日まで一般公開される。(長谷川智)

【ヤマハ発動機=クロスハブコンセプト】柳弘之社長(右)が東京モーターショーに出展した3台目の四輪車モデル。活動的で都会的なヤマハファンのための提案という。四輪車事業への参入に注目が集まる

【ヤマハ発動機=クロスハブコンセプトの後方】荷台には2台のバイクを積める。車内の座席は運転席を先頭にひし形に4席配置し、スペースを作った

【ヤマハ発動機=ナイケン】前輪二輪の大型バイクで、2018年中に販売する予定。市販の前輪二輪バイクはこれまで、小型のスクーターだけだった。変化のある道を安定したスポーツ感覚で走ることができるという

続きを読む

Source: 新型車情報局

石田ゆり子、石田ひかりとの“姉妹2ショット”を披露!「お美しい」「ホッコリ」【画像】

女優・石田ゆり子(48)が10月27日付のインスタグラムで、妹で女優の石田ひかり(45)との“姉妹ツーショット写真”を披露している。

ネット上では「ふたりともお美しいです」、「ホッコリします」、「このツーショットは中々見れない!」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。→ geinougazou ranking

※仲良しすぎる美人姉妹。
GLOW (グロー) 2012年 07月号 [雑誌]

石田ゆり子が2017年10月27日付のインスタグラムで、「ハニオが骨折して自宅療養になってから連日、妹が犬係として出動してくれる。雪を連れ出して散歩してくれるのです。ありがとう犬係」と愛猫・ハニオくんが骨折したため、妹・石田ひかりが愛犬・雪ちゃんを散歩に連れていってくれることを明かし、感謝の言葉を綴った。

さらにゆり子は「焼き鳥もありがとう。本当に助かっております」と、いろいろな面でサポートしてくれるひかりに改めて感謝の意を表すとともに、姉妹ツーショット写真を公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 石田ゆり子&石田ひかり・ツーショット
(※左が姉・石田ゆり子、右が妹・石田ひかり)

少し照れているようにも、おどけているようにもみえる表情で顔に手を当てる姉・ゆり子(左)と、穏やかな微笑みをたたえる妹・ひかり(右)の“美人姉妹2ショット”。

(相手が)困っている時あるいは困っているであろうと感じた時、お互いが自然と支え合うようにしてきた感じが出ているようにもみえる一枚。インスタグラムでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、Instagramより抜粋)
ふたりともお美しいです
「何年経っても美人姉妹」
「絵になる」
ホッコリします
「優しい妹うらやましいな」
このツーショットは中々見れない!
「姉 リアクションがハリウッドスター」
(情報元:Instagram)

ふたりともお美しいです」、「ホッコリします」、「このツーショットは中々見れない!」などと、絶賛や驚きの声が出ていた。

ちなみにゆり子は2016年12月6日付のインスタグラムで、約20年前の“姉妹ツーショット写真”を披露したこともある。その画像がコチラでみられる(↓)。

石田ゆり子、妹・石田ひかりとの“20年前ツーショット”披露!「透明感半端ない」【画像】

この時も、ネット上では「お二人とも変わらぬ美しさ」、「透明感半端ない」、「ドラマのワンシーンのようですね」などと、絶賛の声が出ていた。

そんな石田姉妹といえば、姉・ゆりこが1999年に立ち上げた個人事務所「風鈴舎」にそろって所属しており、ゆり子は経営者も兼ねているようだ。

その姉・石田ゆり子は2017年も、ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系、2017年4月期)やドラマ「プラージュ」(WOWOW、2017年8月12日~9月9日、全5回)に出演したほか、現在は“月9”ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系、2017年10月期)に出演中となるなど、ドラマを中心とした活躍が光っている。

また日々更新されるインスタグラムでは、愛猫の“ハニオくん”や“たびくん”、愛犬の“雪ちゃん”との暮らしぶりを写真とともに紹介しており、厳しくも優しい素顔を外連味なく伝えている。

最近では“ハニオくん”が左後ろ足を骨折してしまい、手術の末、無事退院したものの、現在はギプスで患部を固定している状態のようだ。

そんなわけでゆり子さんはつきっきりで“ハニオくん”を看病している可能性もあり、おそらく雪ちゃんのお散歩まで手が回らない状況なのかも。

そうした姉の苦境を助けている妹・石田ひかりも2017年は、ドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ系、2017年1月期。2017年1月12日放送の第1話のみ)やドラマ「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系、2017年10月期。2017年10月15日放送の第1話のみ)の単発出演をはじめ、主演ドラマ「屋根裏の恋人」(フジテレビ系、2017年6月3日~7月22日、全8回)では約14年ぶりとなる連ドラ主演を務めるなど、話題をさらった。

ひかりはそのほか、教養番組「にっぽんの芸能」(NHK Eテレ)でも進行役を務めるなど、活動の幅を広げている。

プライベートではNHK職員で演出家・プロデューサーのK氏(50)と2001年5月に結婚し、2003年5月に第一子となる長女(14)を、2005年1月に第二子となる次女(12)が誕生し、二児の母としても知られる。

そんな公私で支え合いながら奮闘中の石田姉妹だが、今回のゆり子の投稿に応える形で、ひかりも10月27日付のインスタグラムで、「犬係でございます」とリポストしており、ユーモアあふれるやり取りにも心を和まされる。

ゆり子さんは今回のように助けを借りた出来事に限らず、日々の中で楽しませてくれたり、和ませてくれたりすることなどに対しても、「ありがとう」、「感謝」、「嬉しい」などとポジティブで温かい言葉で伝えることが多い気がする。見習いたいと思う。

★関連記事

★石田ゆり子の最新ニュースを探すなら

★石田ひかりのニュースを探すなら

Source: 芸能7days

芸能

【テレビ】 フジ月9 「民衆の敵」第2話視聴率は7・1%、初回の9・0%から1・9ポイントのダウン

1 名前:影のたけし軍団ρ ★>:2017/10/31(火) 09:22:37.81 ID:CAP_USER9.net

30日に放送された女優・篠原涼子(44)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ
「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」(月曜・後9時)の第2話の平均視聴率が7・1%だったことが31日分かった。

初回の9・0%から1・9ポイントのダウンとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000034-sph-ent

【テレビ】フジ月9「民衆の敵」での“安倍総理をバカにする”演出に批判殺到! ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509402021/

【テレビ】フジ「月9」1桁発進の“敵” 編成のミス?制作サイド怒り心頭
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509086095/

【芸能】ドラマ・民衆の敵が低調スタートで早くも「戦犯捜し」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1509347000/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509409357

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能

【芸能】キムタク、江口洋介と初共演 強力なライバル役で 石田ゆり子も出演

1 名前:砂漠のマスカレード ★>:2017/10/31(火) 07:44:02.02 ID:CAP_USER9.net

元SMAPの木村拓哉(44)がボディーガード役に初挑戦するテレビ朝日系主演ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」
(来年1月スタート。木曜、後9・00)で俳優・江口洋介(49)と初共演することが30日、分かった。
江口は木村演じるボディーガードと対立する警視庁のSP(セキュリティーポリス)・落合義明役で出演する。

江口は「今回、木村拓哉さんとの共演は初めてです。互いに高い意識の中でどんな火花を散らせるか、
撮影に入るのが今から楽しみ」と丸腰の民間ボディーガード・島崎章(しまざき・あきら)役の木村との共演を待ちわびる。
「丸腰の民間ボディーガードに対して、常に立ちはだかる強力なライバルとして、相手を圧倒させる存在感を出せたら」と意気込みも語った。

また、物語のキーマンとなる警護対象者の厚生労働大臣・立原愛子役には女優・石田ゆり子(48)に決まった。
2004年放送のフジテレビ系ドラマ「プライド」以来、14年ぶりに木村と共演することになり、「とてもワクワクしております」と江口同様に共演を待ちわびている。

ほかに斎藤工(36)、間宮祥太朗(24)、菜々緒(29)がボディーガード役で出演。
新人ボディーガードらをまとめる身辺警護課の課長は上川隆也(52)が演じる。
木村は豪華キャストと共に、1年ぶりの連ドラ主演を盛り上げていく。

作品は05年のフジ系「エンジン」の脚本を手がけた井上由美子氏が手がける完全オリジナルの社会派人間ドラマ。
同局の人気シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の後枠として放送する。

http://news.livedoor.com/article/detail/13823776/
2017年10月31日 5時59分 デイリースポーツ

http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/8/48096_50_d9d777a9_3589d88a.jpg

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1509403442

続きを読む

Source: 芸スポニャース

芸能